アイディアボード

Just another WordPress site

iPhoneブラウザアプリWebHub – レビュー②通知センターに常駐させて、ランチャー要らずのブラウザにする

   

@wagyuさんのリリースした多機能ブラウザ・WebHubのレビューその2です。

WebHub - アプリを起動できるブラウザ
価格: ¥85

機能的にはVer1.0.3でリリースされた「クリップボード監視」になります。軽く2ヶ月以上遅れたレビューです(白目
これを上手く使うと、ランチャー要らずのブラウザになるというのが今回のお話です。

「クリップボード監視」とは?

有名なアプリだとSleipnir Mobileに搭載されていますが、URLを含む文字列をコピーすると、そのアプリを閉じている時でもページを開いてくれる機能です。

クリップボード監視ってどんな機能?

パッと想像しにくいかと思うので画像を載っけます。
どんなアプリを使っていてもOKですが、例えばTwitterアプリでニュースを見ている時、
『気になったニュースの続きを見たい!』と思ったら
findTweetNews

そのURLを長押しでコピーします。
CopyTweetNews

ツイートを丸ごとコピーしても大丈夫。コピーした文章の中にURLが混ざっていれば読み取ってくれます。
CopyNewsTweet

そうすると通知が出るのでタッチ。
NewsAlertWebHub

WebHubが起動して、そのページを表示してくれます。ローラのお父さん、国際指名手配なんですね((;゚Д゚))
NewsInWebHub

これだけでは「そのままURLをタッチしてニュース見た方が速くね?」となりますが、
沢山のニュースを見る時に、この機能が大いに役に立つのです!

ニュースをサクサクと見ることが出来る!

WebHub - アプリを起動できるブラウザ
価格: ¥85

沢山のニュースを見たいなと思った時、普通は
ReadingNewsFromTL

こうなるのですが、WebHubのクリップボード監視機能を使えば
ReadingNewsFromTLwithWebHub

こうなります。とってもスマート。
WebHubはURLをコピーして通知が出た後、バックグラウンドでページの読み込みをガンガン進めてくれるので、
読みたいページのURLをコピーしまくり、ひと通りコピーし終わったらWebHubを起動。
気になるニュースを一気に読んじゃいましょう!
WebHubCloseTab

タブ切り替えボタンを長押しすれば、今開いているタブを閉じる事ができるので、サクサクとブラウジング出来ますよ!
WebHubClosedTab

気になるニュースをサクサクとスマートに読めるWebHub、とってもオススメです!
ただ、iOSの制限で10分経過すると「コピーして開く」の機能がストップしてしまします。そうなったらもう一度WebHubを起動すればOKです!
WebHub - アプリを起動できるブラウザ
価格: ¥85

通知センターから自由自在にWebHubを起動しよう

WebHubのクリップボード監視機能を使うと、通知センターにいつまでも通知が残ります。
これはつまり、いつどんなアプリを使っている時でも、通知センターからWebHubをすぐに呼び出せるという事です!
MyShortcuts+Viewer次世代検索ランチャーSeeqApp Gateの様なランチャーアプリが無くても、WebHub単体でOKなのです!

MyShortcuts+Viewer
カテゴリ: ユーティリティ

Seeq - 次世代検索ランチャー
カテゴリ: 仕事効率化

App Gate
カテゴリ: ユーティリティ

ただ、URLをコピーする度に通知が溜まるので、放っておくとちょっと鬱陶しいです。
WebHubManyNotification

なので、設定アプリ ⇒ 通知 ⇒ WebHub から、表示される数を最新1だけにしておきましょう。
iphoneConfig

WebHubNotificationConfig

通知センターがスッキリします。
WebHubOneNotification

長くなりましたが、WebHubの通知センターを利用法の紹介記事でした。
とても便利なので是非使ってみて下さい!
WebHub - アプリを起動できるブラウザ
価格: ¥85

 - お得な買い物・レビュー , ,