アイディアボード

Just another WordPress site

WordPressとAdsenseの細かな設定を見直した

   

最近このブログに使っているSEO対策とアフィリエイトに強いWordPressテーマ「Stinger」をオレオレ流にカスタマイズしている時間が多いのですが、その他にもブログの細かな設定を調整したので、忘れないうちにメモ書き。

Google Adsenseのアカウント削除対策

どこぞのパクリブロガーその他悪意を持った人にAdsenseのコードごとまるっと記事をコピーされると、それがAdsenseの規約違反となり、自分自身は何も悪いことをしてないのにアカウント削除を食らってしまうので、その対策です。
Google Adsense(アドセンス)が停止になる理由と原因 | ENJILOGより引用:

GoogleAdsenseの管理画面にて「アカウント設定」をクリック

「アクセスと認証」にある「広告の表示を許可したサイト」にて

① 「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェック

② 「許可サイト」に許可するサイトのURLを記入。(http://wwwは不要)複数ある場合は、改行して記載。

③ 保存

たったこれだけです。

これだけで、自分のアドセンスコードの不正利用を防ぐことが出来るので、

アドセンスで利益を得ている方はすぐに設定した方が良いと思いますよ。

と、こんな感じでAdsenseを再設定。
これも自分の記事をパクられた時の対策の1つという事になりますね。

またこの時に、広告を許可するサイトに
webcache.googleusercontent.com
も追加しておきましょう。
Google検索のキャッシュから自分のサイトをアクセスした人が広告をクリックした場合も広告収入に加算されます。
参考:webcache.googleusercontent.comとは | マイヤーの開発ブログ

また、Adsenseのコードを新しい非同期型に変更しておきました。
参考;AdSenseの広告コードに非同期バージョンが登場 | ぼくらのアドセンスブログ

WordPressのセキュリティを上げる

不正なログインを予防する方法です。
詳しくは元の記事を読んで頂くとして、対策方法のみ引用させて頂きます。
【緊急】WordPressでスマホ用WPtouch使ってる初心者は注意です | More Access! More Fun!より引用:

ニックネームを設定して、乗っ取りを防ぐ方法

最新の3.5.2Jaの場合・・・まず・・・ログインしたら右上の

1

の部分のところの「プロフィールの編集」をクリック

ニックネームというのがあるのですが、これはデフォルトではユーザーIDのままになっているはずです。

2

ここを日本語とかに変える。ユーザーIDと違うほうがさらにいいです。

変えると、ブログ上の表示名これに選択できるようになります。

userid

で。プロフィールを更新。そうすると、わたしのブログのように、投稿者のところにはニックネームが表示され、ユーザーIDはでなくなります。めでたし。めでたし。

とりあえずこの当ブログではドメインそのまんまの「ideabb.jp」で再設定。セキュリティの穴でしたね。危ない危ない。

 - 解説記事 , ,