アイディアボード

Just another WordPress site

iOS 6.1.x 系のバッテリー異常消費について考察

   

ちょっと前までau版 iPhone4S を使っていたのですが、アップデートして iOS 6.1.2 にしたらバッテリー消費がまぁ早いこと早いこと。
で、最近 softbank版 iPhone5 に乗り換えた時に気付いたのですが、iTunes からの復元で iPhone4S のデータを引き継がせると、復元時に強制アップデートがかかるので、どうやっても2013年4月現在最新の iOS 6.1.3 に更新されてしまう。

Twitterやブログや2chを見ても、バッテリーの異常消費現象は 6.1.3 でも改善されたという話はあまり無かった。どうにか新品の iPhone5 にはバッテリー異常消費が起こらない様にしたくて、この問題について真剣に考えてみました。
iphone-low-battery
で、先に結論ですが、今回のバッテリー消費の原因は『今までの度重なるアップデートの間で、iPhoneの中に溜まったゴミファイルが悪さをしているから』と考えています。

今回の件についてよくよくクチコミを調べると

バッテリーの異常消費が起きているのは、だいたいiPhone4Sのユーザー
iPhone5でも異常消費は起きているけど、むしろバッテリーが長持ちしたという人もいる
そもそも、iPhoneのアップデートの度にバッテリー問題が出るのはもはや風物詩

といった感じ。
これって、iPhoneがアップデートする度にゴミファイルを中に残してるからじゃないかなぁと思うのですよ。
今までたくさんアップデートしたiPhoneなら、その分バグの原因になりそうなゴミファイルが蓄積されているんじゃないかなぁ、と。

だから、発売後にアップデートした回数の少ない iPhone5 なら、そんなにバッテリー問題が出てこないんじゃないかな。多分。
というか、iPhone5に最初に入ってるiOS6.0は、OTAによるアップデートが出来ない(iTunesに繋げばアップデート出来る)というバグがあるので、あまりiTunesに接続しない人なら今でもまだiOS6.0のままかもしれないし、アップデートしてても6.0 ⇒ 6.1.3 みたいな感じでワープしてるのかも。

逆に、長くiPhoneを使っている人は、過去のiPhone3G/3GS/4の頃からのデータを、『復元』を使って引き継がせているので、ゴミファイルも一緒に引き継いでるのかな、と。

自分も、iPhone4 から 4S に乗り換えて、『バックアップから復元』を利用してデータを引き継がせた時に、空っぽにしておいたハズのカメラロールの中から、大昔に作った画面スクリーンショットがひょっこり出現した事がありました。どこから出てきたのやら・・・また、普通に使っていてもiPhoneの中に『その他』のデータがジャンジャン溜まっていくというのはよく知られた話です。

やってみた!iPhoneの「その他」ファイルをクリーンアップして容量アップする方法 - アップス!-iPhoneアプリやiOS系ニュースを配信ページ目

普通に使っててもゴミファイルが溜まって、『復元』の度にそれが出てきたり消去されたりするんだから、アップデートなんて大きなことをすれば結構なゴミファイルが生成されそうだと考えたんですが、どうでしょう?

で、とりあえずその仮説を立てた上で、新品のiPhone5にゴミファイルを引き継がせ無いように、4Sのデータを出来る限り調整しました。

1.すべての設定をリセット

こちらのブログを参考に。調子の悪いiPhoneはこれだけでも元気になったりするそうです。作業の前にiTunesにつないで同期・バックアップを取っておきましょう。

iPhone のバッテリーが持たないとかモッサリするときはリセットが効く(iOS 5.1版) | iPhone 研究室

『すべての設定をリセット』についてはこちらが詳しい

「すべての設定をリセット」したあと、デフォルトになっている項目:::iOS 6.0.1|HCR32と電装パーツDIYとiPhoneと|ブログ|bluenote_37|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

iPhoneが非常に遅くなってきたので、「設定のリセット」を試したらとっても改善してくるくる - 狼ごのみ

2.それでも少し設定が残っていたので、1つずつリセット

1をやったけど、通知の設定があまりリセットされていなかったり、所々不完全なリセットでした。やっぱりゴミファイル溜まってるんじゃないかなぁ。
で、残る項目を1つずつ実行。

  • ネットワーク設定をリセット
  • キーボードの変換学習をリセット
  • ホーム画面のレイアウトをリセット
  • 位置情報とプライバシーをリセット

これをやった上で、一度iTunesと同期してバックアップを取り、最後には

  • すべてのコンテンツと設定を消去

で、その直後にiTunesからの復元。
普通に復元するよりも、『すべてのコンテンツと設定を消去』をして、iPhoneをまっさらにしてから復元するほうがリフレッシュ効果が高いのは、こちらのブログでも言及されています。

iPhoneが遅い・フリーズする・おかしい。iOS6に更新したiPhoneを初期化してみた。 « AH-2

また、この時に完璧にすべてのデータを復元したいのであれば、iTunesに繋げて同期をとった時に、『バックアップの暗号化』にチェックをしておく必要があります。
ちなみにコレはiPhone ⇒ iPhone の機種変更の時に、LINEのトーク履歴を引き継ぐ唯一の方法でもあります。

おまけ.更に強制復元

以前、母のiPhoneが突然壊れて、電源が全く入らない文鎮状態と化した時に、Appleのサポートセンターのお姉さんに教えてもらったのと同じ方法です。ちなみに文鎮化したのは唐突なiPhoneの不調のせいで、ジェイルブレイクしてた訳ではありません。念の為。

復元なしでiPhone・iPadの“その他”の容量を減らす! : 情弱ニュース

通常の復元よりも、iPhoneをよりスッキリとリフレッシュできるようです。ちなみにこの方法で母のiPhoneは文鎮状態を脱して携帯電話に戻りました。

さて、ここまで面倒くさい手間をかけてiPhone4Sのデータをキレイにしたので、もうやれることはやっただろうと思いiPhone5にデータを移すことにしました。
その結果はまた今度。
⇒結果を書きました!

medium_8591708074 iPhone5、iOS6.1.3でのバッテリー異常消費を解消した

 - 解説記事 ,