アイディアボード

Just another WordPress site

zshに適用されている設定(.zshrc)を確認する

   

これはzsh Advent Calendar 2014の2日目の記事です。

zshはbashやmoshと並ぶ、Unix系OSの操作をキーボードのみで完結させる事が出来るコマンドシェルというものです。いわゆる黒い画面と呼ばれる奴ですね。
コマンドシェルにはいくつかの種類と特徴があって、zshの特徴のひとつは強力なカスタマイズが出来るところ。

zshをカスタマイズする時、ホームディレクトリ直下の .zshrc を編集しますが、そこに書いた設定が実際にどんな感じで適用されているか、というのを確認する方法があまり見当たらなかったので、ここでご紹介。

-v オプションを付けてzshを起動しよう

やり方はとっても簡単。
-v のオプションを付けてzshを起動するだけです。

$ zsh -v

読み込まれている .zshrc 及び zsh のプラグインが全てターミナルにぶあーーーーーーっと出力された後、その設定を読み込んだ zsh が起動します。
既に zsh を起動しているならば、 zsh が一つのターミナルウィンドウの中で2重に起動する事になります。
2重起動している意味も無いので、 exit コマンドで2つ目の zsh は終了しておくと良いでしょう。

何が嬉しいのか

alias を複数設定していて、ついうっかり同じ alias を上書きしてしまった時等、設定がどの順番で適用されているのか確認したい時に便利です。
個人的には Oh My Zsh の設定も全て吐き出してくれるのが一番便利でした。Oh My Zsh の挙動を勉強したり、自作プラグインを作る時等に重宝しています。

注意点

Max OS X だと ターミナルの出力文字をクリップボードで受け取れる pbcopy なんて便利なコマンドがありますが、今回のやつは『2枚目のzsh』が起動する前に文字をターミナルに吐き出しているので、

$ zsh -v | pbcopy

みたいな感じでパイプを使って受け取れません。(パイプ処理は1枚目のzshが行うが、文字を吐き出しているのは2枚目のzshなので)

ちょっとニッチなネタでしたが、zshのヘルプに無かったオプションだったので Advent Calendar のネタにしてみました。
以上、zsh Advent Calendar 2014 2日目でした!

 - 未分類