アイディアボード

Just another WordPress site

RSSにブログ記事無断転載対策のひと言を追加するプラグイン

   

medium_5290362408
2012年の1月に起きた「ステマ騒動」に端を発し、ちょうど1年前の2012年6月は有名な2ちゃんまとめブログに転載禁止命令が出ていました。

2012年、2ちゃんねると2ちゃんねるまとめサイトの間で何が起こっていたのか(前編) - 空気を読まない中杜カズサ

で、それから約1年の間に、今度は2ちゃんではなく、ブロガーさんの記事が無断転載される世の中になっていました。
ブログの無断転載は、オリジナルの記事を書いた人の考え・時間・表現を自分のアフィリエイト収入に勝手に変えてしまう許されざる行為です。今回はその対策を紹介。

WordPress製のブログを無断転載されない&された時のための対策

ネタ元はコチラ。
WordPressのプラグインを使って対策しています。
ブログ記事盗用対策に私が使っているWordPressプラグイン | +PlusOneWorld

プラグインのインストール・使い方についてはこちらも詳しい。
「こっちが本物ですよ!」とスパマーに主張できるプラグイン「RSS Footer」の導入してみた|アマモ場

ちなみに、アイディア・ボードでは以下の様な文言がRSSの末尾に追加される様に設定しました。
(普通に記事にアクセスした場合は出てきません。)

[ここに記事のタイトルが入る] は アイディア・ボードの記事です。

「無断転載はご遠慮願います」という文言も追加しようと思ったのですが、普通にRSSリーダーで読んでくれている方々からしたら息苦しいかと思い、控えめな自己主張にしました。

ブログの無断転載ってどんなものなの?

上記の様な対策をしていない場合、こういう事をされちゃうんだぞ、というまとめ。
どのサイトも無断転載が発覚してからはサイト閉鎖を余儀なくされています。

本ブログから全文無断転載してるサイトを調べていたら、いろんなサイトがRSS経由で転載されていた - 長椅子と本棚
無断転載パクリブログ事件のまとめ | Webクリエイターボックス

株式会社が丸パクリのサイトを堂々と運営していた事件もありました。

LINEとは無関係の「LINEナビ」によるブログ記事丸パクリがひどいと話題に - NAVER まとめ

もし無断転載の被害に遭った場合、どうすればいいのかという参考になる記事もあります。

私もブログを盗用されました | More Access! More Fun!

自分の記事が無断転載されているかどうかは、ヒットしそうなキーワードでGoogle検索してみれば調べる事が出来ます。
その他にも、Zenbackを導入してみるという手段もあるようです。

Zenback導入してみたら、自分のブログが盗用されまくりで驚く | More Access! More Fun!

パクリじゃなくてオマージュ・アレンジの範囲でやれば良いのになぁと思わなくもありません。

ついでに

ブログをいじったついでに右サイドバーの広告を撤去して、お気に入りの本の新刊情報を調べられるリンクを設置しました。気が変わったので撤去しましたw
bookreadinig

photo credit: KJM·427 via photopin cc

 - 解説記事